Study !!

伊藤がアーティストの方々に今まで聞かれたことのある音に関わることやレコーディングのことなど素朴な疑問を、わかりやすく説明してみんなにもお勉強して貰おう♪ と言うコーナーです。

いろんなアーティストさん達の疑問を解決することで、みんながより良き音で素敵な音楽が伝えられるように出来たらいいな・・・と思います。

レコーディング(録り)の際に持参したほうが良い物

●曲の構成表

構成(イントロ-Aメロ-Bメロ-サビ-アウトロ-などの曲構成)・メロごとの小節数・コード進行・テンポ、などがわかる簡単な物で大丈夫です。繰り返し記号は使わずに構成が全て載っているものが望ましいです。

部分的な録り直しや、演奏のチェックをするのに必要です。

  

●歌詞カード

繰り返し記号を使わずに歌詞がすべて載っているものが望ましいです。

部分的な録り直しや、歌のチェックをするのに必要です。

 

●USBメモリースティック

録った曲のラフミックスを持ち帰るのに便利です。コピー時間の短縮にもなりますし、CDRを使わずに済むのでエコにもなります。

 

●使い慣れたクリック(メトロノーム)やリズムマシン

録りでクリック(メトロノーム)を使用するレコーディングの場合、聞き慣れた音のクリックのほうが演奏がしやすい場合があります。普段練習で使用している物を持ってくることをオススメします。

 

●使い慣れたイヤホン

録りでクリック(メトロノーム)を使用するレコーディングの場合、ヘッドホンからクリック音の漏れが目立って録音に差し支える場合があります。そんなときにイヤホンを使うことでクリック漏れを減らすことが出来ます。特にドラマーの方は持ってくると役に立つことが多いです。

 

●ヘアバンド

ヘッドホンを使用してのレコーディングの際に、演奏中にヘッドホンがずれてしまうのを防ぎます。

ヘッドホンを耳に密着させる効果もあるので音漏れ防止にも役立ちます。

ミックス(トラックダウン)やマスタリングの際に持参したほうが良い物

●聞き慣れたヘッドホンやイヤホン

「ミックスやマスタリングの時にスタジオで聞いていた音と、持って帰って聞いた時に聞こえる音のバランスが違う~!!」なんてことが無いように自分が聞き慣れたヘッドホンやイヤホンを使ってミックスやマスタリング中にバランスを確認することで、より納得のいくミックスやマスタリングが出来ます。人によっては聞き慣れたスピーカーを持参して確認する人も居るくらいなので、とても大事です。

 

●聞き比べたいCD

自分たちの曲のミックスやマスタリングした音と、聞き比べたいCDを同じスタジオ環境で聞き比べることで、音量や迫力、音の抜け、などなど納得のいくミックスが出来ているか確認しやすくなります。

持参するCDは出来れば製品版のCDが音の確認にはより好ましいです。

 

●USBメモリースティック

ミックスした曲を持ち帰るのに便利です。コピー時間の短縮にもなりますし、CDRを使わずに済むのでエコにもなります。

 

●CD-R

ミックスした曲のコピーをCD-Rで持ち帰りたい場合は持参すると良いです。スタジオにも用意はありますが有料(1枚¥100)となりまます。

 

●外付けハードディスクドライブ

作品のマルチトラックのデータやレコーディングデータのバックアップを持ち帰りたい場合には必要です。

USB 1.0~2.0/FireWire400/FireWire800/IEEE 1394、のいずれかで接続出来るものであれば使用できます。

DVD-Rなどでも焼けないこともないですが、莫大なデータ量な為ものすごいコピー時間がかかります、かかった時間分だけスタジオ代もかかります。外付けハードディスク以外でのデータ書き出しはなるべくお断りさせていただいております。

マスタリング

 

「マスタリング」って一体何?って思う方多いと思います。マスタリングとは要は「マスター音源」を作る作業です。トラックダウン(Mix)した音を、CDにする際に、CDのプレス工場でプレスするのに対応出来るマスター音源にしなくてはいけないのでをそれを作る作業です。その際に実際にトラックダウン(Mix)したスタジオで聞いていたアーティストと共に作り上げた音が、CDにプレスした場合にもスタジオと同様に聞こえるようにCDプレスでの音の変化を想定して音質の微調整をするのが本来のマスタリングでの作業でしたが、やり方次第では更にトータルの音質を全然別の音に変えてしまうことも可能で、近年では「マスタリングで最終的なトータルの音質を決める」と言う作業をするのが主流になり、その「最終的なトータルの音を作る作業」を「マスタリング」と呼ぶようになってきました。なのでCDのマスターを作る時以外にも、配信用音源やCD-Rで自分で焼くような音源を作るときにも、ミックスした音を更に変えたり、微調整したい場合にはマスタリングをします。

ちなみにこのように音を変化させる作業は、正確には「プリマスタリング」と言うのですが、それも含め「マスタリング」と呼ぶのが一般的です。

 

主な作業としてはEQ、コンプレッサー、リミッター、リバーブ、などを使って音をいじる訳ですが、マスタリングでは既にトラックダウン(Mix)した「ステレオ音源(2mix)」の音しかいじることが出来ないので、楽器や歌の音量バランスや音質などを単体で細かく調整することは出来ません。

じゃあ何が出来るの?って感じだと思いますが、わかりやすく例えると、お家のコンポやカーオーディーオにEQとか音質が変わるエフェクトとか付いてたりしますよね!あんな感じで全体の聞こえ方が変えられます。

ただ、そんな作業も素人さんの知識や技術やセンスでやるのと、プロの知識や技術やセンスでやるのでは全く別世界なのです。アーティストさんが出したい音がベストの音が出せるよう機材も絶妙な選択をし、プロならではのアプローチで音を変えて行きます。それによって音圧感が増したり、音抜けが良くなったり、音の幅が広がったり、音に奥行きが出たり、音源がよりベストな質感に生まれ変わります。

具体的な音の違いは言葉で説明してもわかりずらいと思うので、マスタリングをする前の音源とマスタリングをした後の音源を実際に音で体験出来るようにしてみました。体験して音の変化を感じてみてください。 

その音源がコチラです ↓↓↓

■マスタリング前の音  ↓↓↓

■マスタリング後の音 ↓↓↓

音の違いはいかがでしたか? 音源は実際に伊藤がツバメスタジオでマスタリングした音源です。グーミさんのご協力でマスタリング前と後という皆さんはなかなか聞くことの出来ない貴重な音源を提供することが出来ました!グーミさんに大感謝です!!

と言うわけで、マスタリングによってこのぐらい音に変化を与えることが出来るので、CDのプレス用マスターを作る以外にも、自分で宅録した音源やライブで録った音源をマスタリングだけプロにお願いしてカッコ良く聞かせる事も出来たりします。ただ、マスタリングをやる人次第では「せっかくのミックスが台無しに・・・」なんて納得のいかないものになってしまう場合もあったりするので、マスタリングをして貰う人を選ぶときには慎重に選んだ方が良いと思います。

音に関するみなさんの素朴な疑問も大募集中です!レコーディングのこと、PAのこと、楽器の音作りのことライブでの音のこと、などなど、聞くのが恥ずかしいようなことでも構いません!些細なことでも何でも聞いてみてください。知ってたほうがお得なこととかっていっぱいあると思います。誰かの疑問がきっと他のアーティストのみなさんの役にも立つと思いますので♪ 疑問はContactまで!お待ちしております!

スタジオレコーディング・ミックス・マスタリング・ライブレコーディング・出張レコーディング・各種音源制作・ライブPA・コンサートPA・ツアーPA・イベントPA・イベント音響・仮設PA・・・ などなど  各種録音・各種PA音響 等 音に関わることサポート致します。 まずは気軽に何でもご相談下さい。 Contact

オリジナル楽器用シールド

好評発売中!

渋谷屋根裏で大人気だった

伊藤が開発したシブヤネシールドを

利用者の熱い要望により引き続き

制作販売しております。

 

詳しくはGoodsのコーナー

でcheck!!

Twitter

SAKURASOUNDS

-サクラサウンド-

New Release

yachiko

1st album  “pellet”
SKRS-258

2013.11.15 Release

ライブ会場・サクラサウンド通販

にて発売中

2014.1.22 全国発売

ヴィレッジヴァンガード

new style

TOWERRECORDS

他、全国のCD SHOP

Amazon等で全国発売。

価格:¥1,714(本体)+税

Label PAGEをcheck!

Bell Boy

2nd mini album

 『Bell Boy』

SKRS-003 2013.7.5. Release

Bell Boy解散ワンマンライブ会場にて100枚限定発売  

THANK YOU SOLDOUT!!

Label PAGEをcheck!

Bell Boy Live DVD

「やってるBOY」

SKRS-002 2012.9.1.Release

税込価格1000円

ライブ会場・サクラサウンド通販にて発売

オリジナルメンバー4人での集大成とも言える超大作Live DVDが発売決定!

しかも全10曲入り¥1000と言う破格の大サービス!

♪相互リンク歓迎♪

相互リンク希望はcontactより。

※リンク用バナーです。ご自由に

 お使い下さい。↓↓↓

SoundEngineer_itooo

twitter

mixi

facebook

myspace

フォロー・フレンドなどなど大歓迎です♪

このサイトを紹介する?

Menu